2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんきむらからみえるもの - 2011.03.27 Sun

みなさまこんばんは。

すっかり更新が遅くなりましたがその2になる

「げんきむら」を見てのことを書きたいと思います。

私がこのげんきむらを知る事になったのは、1年以上前の

見学の時でした。

「次にここらへんに出来る」と

話を聞いてましたので(笑)

半年前くらいには、図面の話をしていて、その時に

今のラフを見せてもらいました。

その時から、実際に見るまでに思っていた事は

「随分とコンパクトで狭そうやなぁ」と

思ったのを思い出します。

げんきむらは。一階にデイと小規模多機能、

二階がグループホーム。 これが外から見て

シンプルな形で建っています。

これを個々に見た場合、多分よくある施設にこだわりが

あるくらいの施設となってしまうと思います。

このこだわりだけでも多分非常に評価は高いと

思いますが(笑)

でも同じものを作らないという考え方においては

これでは満足がいかない方のようで(笑)

それ以上の工夫や形がそこにあったわけです。

ここの良さは一言で言えば、

「げんきむら」

という名前の通り、この三つの事業体がお互いに

影響をもつことで成り立つ施設であるということです。

そして、立地にも恵まれています。

本人も言ってましたが、メイン道路より一本外れた

場所にあること。 適度な距離に互いの施設があること。

すぐ近くを子供らが通るということ。

偶然かどうかは別として良い環境であることは間違いないですね。

で、

建物の話に戻しますが、

まず入口。

跳ね上がったような形のインパクトがあるものですが、

これは建築の方のデザインであるそうで・・・

まず、デイの方から。

南向きのキッチンより前方は元気の家のデイと同じく

開放型のガラスドアになっていてそのまま外へ出る事が

可能です。キッチンはやはりこだわりがあるようですね。

配線関係の話からして・・・・こうご期待(笑)

その対面に一応スタッフの休憩場所があるのですが、このキッチン

から適度に見えるようになっています。

で、向かいにはネットカフェが出来る様なテーブルに天井から

電源等が出ており個別に楽しめるように工夫が。

反対側は話を聞いてですが、表現でいうと波型のテーブルが

カウンター式で設置されるとのこと。

真横でもなく、向かい合わせでもなく・・・適度な

角度と距離を考えてのものだそうですが、

相変わらずアイデアとその根拠は大したものですね。

で、小物を飾ったりするようなデザインのケースも

設置されるとのことでそのケースがありました。

で、この場所も食事の部分と同じ施設内で一番良い場所?って

いうくらいに良い位置です。ポジティブな気持ちを生み出す

仕掛け作りですね。

その位置と正反対にお風呂やトイレがあります。

しかし、これはその位置まで行かないと見えないようになってます。

このトイレとお風呂の位置関係がおもしろいじゃろ? と

言ってましたがその通りですね。

つまり向かい合わせに組まれています。

お風呂には当然人がいます。トイレはたまにですが

人がいます。

お風呂に行く際にトイレと言われても真正面にありすぐに行けたり

またお風呂介助で苦戦している時に

職員がトイレ介助に来たら一瞬であれ、助けを

求める事が出来ます。

それとここのトイレ、脱衣場等はすべてにつながっている。

これが一番の工夫と効率なのかもしれませんね。

小規模多機能とも連動しているのです。

デイと小規模が連動していることでスタッフ間の連携も

良くなりますし、ケアの質も上がりますね。

忍者屋敷のような?この施設ですが、

思う事は、最初に図面を見て感じた狭いなあと思った

事が嘘のようでした。 広く感じる・・・なんでだろうか?

一体化しているような感覚になる感じです。

デイと小規模のメイン入口は一緒なのですが、施設の入り口は

当然違います。デイはバリアーフリーですが、

小規模はあがりがまちがキチンとあります。

働く職員がパッと見た感じならば、恐らく

「なんでバリアーフリーにしないの?」

と思うでしょう。現に言われたとのこと(笑)

小規模の性格からして、私個人としてはこの方が

玄関らしくて良いと思うのですが、それにはもう一工夫が

ありました。

ようするに、このあがりがまちを上って施設に入る。

施設に入るとフロアーがあり、その一部には畳の部屋があります。

面白いのはこの畳の部屋はフロアーとはバリアーフリーなのです。

でも良く考えると・・・

通常の施設では確かに入口はフラット、施設内畳の部屋は、

一段高いところが多い。 使い勝手はあまりよろしくない。

畳の部屋に違和感を感じるのですが、

このげんきむらの場合は、家の中にいるような感じが

しますね。 自分の家の畳の部屋って・・・一段上がってない。

そう思うと、この入口からのつながりに納得が行きます。

小規模という特性に喝が入ってますね(笑)

そして、、この一階の全面には大きなスペースがありました。

ここは庭になるそうでデイ二つ分くらいの広さがあります。

元気の家のメイン課題の「散歩」が実施される場所に

なるのでしょうね。 芝生を貼るか、どう貼るか等の話を

していましたから。現実にここなどを利用者さんらが歩いている姿を

思い浮かべるといい絵が見てきますね。六月が楽しみですね。

小規模ももちろんキッチンがメインとなっておりました(笑)

ここまでの徹底ぶりから生まれるものを早くみたいですね。

楽しみでもあります。

二階にグループホームがあるのですが、紹介が長くなってしまったので

続きはその3と言う事でお許しを(笑)

とにもかくにも寒い中、忙しい中で一つ一つ丁寧に説明をいただけて

嬉しかったです。 そういえばブログで募集していた柱の有効活用ですが

木の感じがあってそのままでも良いのでは?って思いましたが。

話のとおり、かえってイジル方がちゃちっぽく見えるようになるかもですね。

しかし、細部にわたってここにかけてない部分でも多くのこだわりが

あり、本当に学ぶ事が多い施設ですね。 次の訪問を楽しみにして

様子を見ていきたいと思います。

では、時間はその3.二階グループホーム編で。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

複雑そうなのはわかりました
すごそうなのもわかりませした

忍者屋敷・・・
みてみたいっw

Re: No title

きみきみさん

全体の活用を前提とした構造と仕掛けになっているということです(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soshi0722.blog52.fc2.com/tb.php/57-c3c11554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

げんきむら(その3) «  | BLOG TOP |  » 元気の家を訪問しました(その1)

プロフィール

希望の伝達人

Author:希望の伝達人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (2)
施設のこと (17)
自分の思い (19)
介護 (8)
新しい施設 (1)
新しい形 (5)
グループホーム (2)
講習のこと (1)
社長 (10)
介護論 (7)
元気論 (4)
老健改革編 (8)
人材育成 (4)
サザンパーク (1)
目的論 (2)
教育論 (4)
宣伝告知 (2)
コミュニティー論 (1)
デイ改善論 (1)
神戸 (1)
出先論 (1)
研修のこと (0)
環境 (5)
施設を見る (2)
職員業務 (3)

FC2カウンター

ランキングアップにご協力を

自己選択自己決定方式を知ってほしい方 よろしくお願いします

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
348位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


4人の世界DX

春風日記

きみきみのぼちぼちいこか~

TKGブログ (十日町介護グループBLOG)

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。