2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.01.29 Wed

みなさまおはようございます(^^)

久々にちょっと書いてみようと思いました。

ここのところ、毎日のように色々な施設を見ています。

様々な現場の職員。

経営者、責任者、その他(笑)

見ていて思うのは、福祉もしくは施設という閉鎖気味の

環境の中で目的無く仕事をしていると

目の前の今が当たり前になり、

本来の今が見えなくなる。


普段の生活の中ではニコッと出来るのに

職場に入ると作るようにしか笑えなくなる



もちろん、あくまで例えば・・・の話です。

こういう書き方をすると、

「そんなの主観的な見方」

「一部を見てそんな決めつけないで」

と言われると思うので先に書いときます(笑)

あくまで、自分が見てきた中での個人的な感想です。

と言い訳はこれくらいにして。。。

働く人と雇う人。

この両人の関係って面白いものです。

介護業界は2000年のスタート時から5年くらいまでは

一人の求人枠に20人くらいが殺到する業界でした。

(奈良の一部だけかも)

そんな環境下で私もこの福祉の仕事に足を踏み入れた

ので、最初の採用はフルタイムのパート雇用(笑)

まして入居もしくは利用者の8割くらいが女性という

施設が多くて、女性の採用枠は多かったように思います。

これはハロー〇ークの求人欄に補足で書かれているので

仕方ないのですが。

そんな時代から約10年が経ち、

ふたを開けてみたら、求人は相変わらず殺到しているけど

働く側がなかなかやってこない。

新規オープンっていえば殺到したスタッフさんすら

現状は集まりにくい地域もある現状。

なんでこうなったんでしょう・・・

給与基準も昔からそうそう変わってないのに。

自分の勝手な思い込みで書かせて頂くと、

施設そのものに魅力がないのかも知れませんね。

飲食のお店と一緒にするな!!って言われる方も

あると思いますが、果たしてどうでしょうか?


利用者、入居者を獲得するという点では同じ。

事業であることも同じ。

サービスを提供するという点でも同じ。

ジャンルがあるというのも同じ。


こうやって書き出してみると、

案外重なるやん~って思います(笑)

つまり、、、

施設で何が足りないのかってことなんですが、


またこの施設を紹介したい!

ここの職員さんなら安心だ!



みたいなものが明らかにか欠けているんですね。

もしくは、満たしていたとしても、

それが外に伝わっていない。

だから、施設という言葉においては

「何かある人が行く場所」

の考え方が外れないのでしょう。


そんな中でもし施設が職員に、利用者に魅力あるものを

提供していきたいと思うのなら、

まず、

また来たいと思うような施設環境(ハード)を!

接遇と専門性が満たされている人材を!


せめて揃えるべきですね。

そんなんは言わんでも分かってるんじゃい!!

って言わずに先ほどの条件で自分の施設を見てください。

施設の魅力と働くスタッフの状況を。

分かっているのなら改善できますから。

もし、改善できていないとしたら、

それって分かっていて改善していないという事になるんです。

そんな所に残念ながら人は集まりませんね。

自分がお客さんであっても行くことはないと思います。

だから思います。


ここで働きたいと思う施設は自らの施設をまず変える事!


それは一般的にいう変化ではなく、魅力ある施設とは何か?

どんな環境ならそこに住む方、利用者される方がそれぞれの

思い描く形で良くなっていく、希望が持てるようになるのか?

そういう場所にするために何をどうしていけばいいのか?



という事を皆で考えていかないと良くはならないのですね、きっと。


お店の人はよくアンケートを取りますね。

お客さんに。。。または従業員に。。。

お店ではそれを見て改善をしていくのですが(皆ではないけど)

しかし施設では従業員にアンケートをとってもなかなか

反映されない、もしくは書く側が色々な意味で警戒して

本心を書かない。だから問題がズレて改善されない。



こんな悪循環の所が多いように感じます。

だからもし施設の人材が不足しているのならば

やはり、施設における理念やビジョンが達成されているかと

同時にそこに働く方々が生き生きとする環境を

計画的にケアという仕事、考え方から見直すことです。

そうやって施設そのものがしっかりと改善され、

外部から見ても内部から見ても、魅力あるものになれば

人は集まりますから。

少なくなったとはいえど、働きたいと思う方はいるのです。

心ある介護職もしくはその原石の方も。

そんな方々が与えられた法人という組織の中で

思いを現実に、利用者さんに結果で、

その形を創り上げていくものだと思います。

自分がもしチャンスを頂けるとしたら

そんな環境を創っていきたいなぁと

少ない脳みその中で夢を見ております。


そんな思いを2月22日(土)に長野県長野市にある

信州プロレスアリーナにて叫んできます(笑)

どんなものかはご興味ある方は、私のFBか、

このホームページで確認を(^^)

http://happyspotclub.org/

きっと今までにないものが体感できると思います。

ついでに、

2月11日(火)は13時から、大阪のマイドームおおさかと

言う場所でシルバー総合研究所総会があり

その講義で認知症についてがあります。

http://www.silver-soken.com/seminar/sonota/

2月15日(土)は愛知県江南市にて

希望が生まれる介護セミナーin愛知も開催。

ご興味ある方は問い合わせくださいね!

よろしくお願いします~


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

話の中から見えて広がるものって? - 2013.09.02 Mon

みなさまこんばんは

ちょっと油断するとブログが遠くへ・・・(笑)

今日は余計な部分は書かずに本題に。


施設で現場にいると当然ですが利用されている方との

話というものに必ず当たるんですけど、

私は今の仕事上、一応


「月に何度か来る外部の人!」


として、大体の方が見てくれているので、

その状況にいる人としての話を

聞くことが多いのです。


「施設の見学に来ている人」

「月に一回お役所から視察来ている」

「〇〇さんの孫」

「職員の指導に来ている人」

「実は会社の黒幕(笑)」・・・



実際に言われたことのあるものを書いてみました。

もちろん一番うけたのは

「会社の黒幕」

話を聞いてみると、いわゆる今でいう、


「ミシュランのチェックマン」


みたいなものみたいですね(^^)


事業主に依頼されて様々な状況を把握して

現場を調査しにきている人だと思われてました。

近い部分もあったので否定はしませんでしたが、

その話の最後に出てきた、

黒幕って言葉が・・・悪そうに見えたのかなと

逆に気になってしまい、理由を聞いたんですね。

すると、こういわれました。


「だいたいここの会社の代表は昔から

自分に自信がないからそういう専門家を雇って

自分の良し悪しについて言われていないか?を

調べるんだよ。だからそうやって来る人は

なんとなく、真面目そうで人当たり良くて、

話もしやすくて、ついつい聞かれたことに

こっちが答えてしまうからね、怖い怖い・・・」



そういうことか(笑)と思い、うけたんですけど。


この話を聞いてから、職員の会話、利用者さんの会話、

などを見ていると、確かに

動きや評価されるだろうと思っているポイントに

そういう部分が見えてくるんですね。

不思議なものです。

自分の思い込みでは困ると思い、さりげなく職員や

他の利用者さんに聞いてみると、

やっぱり大体の方が同じような事を言われました。

こういう環境下でいると必ずと言っていいほどに

疑心暗鬼というものが生まれていて、

それは人と人が牽制をする環境を作り、

当然、人間関係にも影響してきます。


あいつは社長のお気に入りだとか、

私は嫌われているからどうせ・・・とか



僻みや陰口が出てきやすいのですね。


利用者さんもそうなると変わってきますね。

職員を見ているんですね(笑)


普段の動きから会話、仲良し不仲、

上下関係、性格や好き嫌いまで・・・


自分が見てきて思ったのは、

施設でいろいろな困難な事例や

難しい対応の方がいるのはよく聞きます。

ただ、それって単純に認知症だからとか

疾病がそうさせるんだとかという単純な

ものばかりではないというですね。

結局、その方の「今」というのは、

こういった様々な要因が重なりあって

混ざって作られていくものだと思います。

だから、同じような病気であっても、

対応というのは人それぞれであり、

それを解決に導く方法なども

やはり同じでないのだと思うのです。

こうやって考えを続けていくと、

「今」を生きる利用者さんへの

対応、接し方、話し方というのも

考えていくべきでは・・・と。


その人を見る!という事はどういうことか?

という答えが少しながら

遠くに見えてくる気が致します。

そんな話をセミナーとかでもやってみたいなぁ(笑)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

バイキングで求めるもの - 2013.08.23 Fri

みなさまこんばんは。

今日は自分が施設に伺ってお話をする中での

食事について(バイキング)書いてみます。

さて・・・

バイキングっていえばどんなイメージがあるのでしょうか?

① 取り放題

② 食べ放題

③ 種類が豊富


④ 味はまぁまぁ(笑)

と色々思い浮かびますが。

④は、お金持ち度によって違うと思うので、

あまり気にしないでいいかと思います(笑)

大体は①②③でバイキングがイメージできるかと

思います。

ではバイキングってのは損得で言えばどっちでしょう?

少なくともバイキングを選択する段階で

お得感を感じるから選ぶとは思いますが。 

あまり損をしたくて選ぶ方って

いないと思われますし。

と、長い前置きをしておいて本題に入ります。


では、

施設で例えばバイキングを導入するとして、

そのメリットってのはなんなんでしょうか?

① 選べる(種類を)

② 調整できる(量を)

③ 無理しなくていい(嫌なものは取らない)


くらいが利用者さんにとってのお得感だと思われます。


では、職員や施設が狙う事ってなんでしょう?


①②③以外で狙いが考えられるでしょうか?


答えを言えば・・・


①②③は当然ありなんですけど、

④⑤⑥・・・と狙いはあるんですね。


条件として味はおいしいものだとしましょう(笑)

まずいとなると話が問題外になってしまうので。


当然ながらヒントは利用者さんにあります(^^)

大事なのは


バイキングの①②③にとらわれない

視点でバイキングを見る事にあります



ちなみに私が山口県にあるデイサービスでこの

バイキングについて理解したことは、


五感を刺激する、心を揺さぶる、という効果です


この五感についてはこの方のブログ、たなかいごさん!


http://tanakaigo.blog105.fc2.com/


に書いてあるので是非読んでみてください。

私は彼のようにユーモアセンスがないので

淡々と書かせてもらいますけど(笑)


この五感と揺さぶりというのに合わせて、

もう一つの部分をしっかりと伝えていくのが

最大の効果とも言えます。


そう・・・それって


役割、自信、責任感、達成感・・・

いわゆる自分の中の気持ち(モチベーション)が

向上するという事ですね。



人に必要とされること!

人が見てくれていると思えること!

自分がまだまだ出来ると思う事!

人に頼らずとも〇〇なことくらいは何とか・・・!



みたいに、

ポジティブな思考になり、満足感が得られること。

だからまた明日(^^)と笑顔で言えるのかなと思います。


これをバイキングというものから構築する場合、


 準備と片付け 


というものを使うわけです。


日常生活動作というか、生きてきた中で体が覚えている記憶。

出来ることをする事で安心する、自信がつく。


自分がバイキングの導入時にお話しする最大のメリットは

この準備と片付けという動作を使っての身体を動かすこと。

自ら主役となるチャンスをつくること。

出来ることをする事で称賛されること。必要とされること。

継続性をもった役割として定着しやすいこと。

のようなメリットが考えられると答えてます。


無理やりに機能訓練といって

歩いてください! 立ってください!

と指示して動いてもらうよりは

ストレスも少なく、効果的な方法かなと

思います。

要は、人って気持ちの生き物だと思うのです。


筋肉がしっかりとついていて身体ができていても

歩こう!という気持ちがなければ体は動かない。


単純な考え方かも知れませんが、

これって案外、当てはまる事が多いのです(笑)


仕事という責任感、生活をするためという理由があるから

気持ちがなくても身体は動くというケースもあるのですけど

これは、施設を利用する方にはあまり見られません。

施設を利用するということに、生活、金銭等に

絡むことがまずないからです(+_+)

だから、

今日は行きたくない・・・休もう。

利用者さんはこれができないことはないですね。

良いか悪いかは別ですけど(笑)

しかし、普通に働く方が、

今日は会社休もう・・・なんてのをその時の気分で

やることはまずないのですね。

あったとしても職場での信頼を失うか下手すりゃクビですし。

というわけで、


五感も揺さぶるのも、動かす要因となるのもまずは


その人の気持ち!


という部分に大きく左右されるのではと考えています。

バイキングをするとしたときには、せめて

この気持ちの部分をしっかりと向上させるために

出来ることを自信をもって出来るように、

気持ちの向上を生み出すことで、

食べる食事の味もまた違うものになると考えながら・・・

実施してもらえたらいいなぁと思います。

スタイルは様々でもその人のその時の気持ちを

尊重出来る環境においては効果的であると思うので(^^)


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村



いきなりってのはびっくりなんです(続き) - 2013.08.18 Sun

今日は調子がいいので続きを(笑)

さて答えなんですが・・・・・

いわゆる

「事前告知」もしくは「予告」

するということです(笑)

皆さんの生活ではごくごく当たり前のこと。

映画にしても、テレビにしても。

「次回のサザ〇さんは~?」

みたいな感じです。

物事を変更するとき、もしくは導入をするとき

またやめるとき等・・・

現状から変化を伴う際はこの

事前告知 が必要です。

だって、

事前にいってもらえたら、


「そうなんだ、、、それなら・・・」

「じゃあどんな風になるの?」

「なるほど(^^)」



のように、事前に知るという事で

色々と考えることもできますね。

自分なりに整理を出来る方は落ち着けますし、

不安になる方は、それをこちら側が事前に察知して

対処することも可能ですし。

ま、やって損は無いということになります。

ちなみに、

施設において環境に変化をつけていく時は、

この事前告知を違った意味で必要ともするわけです(笑)

どちらかというと、

この 違った意味の方を重要視 するんですけど・・・

ご興味のある方は会った時にでも聞いてください(笑)

思い出したらですが・・・

ただし、

聞いてみて、なんだそりゃ~って思われても仕方ないかと

思いますので聞く際はあまり期待せずに、

「まぁたいしたことないだろう・・・」

という、感じで聞いていただくとうれしいです。

プレッシャーを感じずにすみますので(笑)


これを考えるときに大切なのは

利用者さん、入居者さんに不安を与えないように。

安心してもらえるようにという気遣いです。

認知症の人であっても、

そういった気遣いが効果を生み出すこともあるのです。

また人としてみても、

事前告知というのは良い結果が得られると思います。


業務についてもそうですね(^^)

会議なんかでもそうですね(^^)



使い方と考え方次第では、


事前告知も立派なケアにつながっていくものです。


それは実際にやってみるとわかります(笑)

そうやって知ってもらうことで、

実践した側にもちゃんと恩恵があるものです。


キチンとした研修や学びから得るものも必要ですが

一人の人間としての部分を

少し見直す、考えるだけでも、実践的な効果を

出すこともまた出来るものです。

こういったものは、

「ほんまかいな??」

という感じで疑う方もいるので、やはり

実践してもらったらいいと思います。

というよりは無意識でちゃんと実践している!

と言った方が良いのかも(笑)


職員間での実践については業務もさることながら

職場外での実践の方が完璧です。


かなり入念に事前告知をされていますね。

例えば飲み会(笑)


日程、時間、メンバー、料理、二次会、

三次会、帰りまで(笑)



素晴らしいくらいに完璧な方が多いと思います。

このくらいに施設を利用する方々に対して

細かくプランを立てて実践する形式を取れたら

それなりに満足のいくサービスを提供できるのでは?

と私は勝手に思いますが。


さて、皆さんはいかがでしょうか?


良かったら現場でも事前告知をした後に

物事を実践してあげてください。

レクやお祭り等のイベントなどではなくて、

ここでいう事前告知はどっちかというと


変化する事でいったん慣れた環境が変わる時・・・

そう、変化する事でいったん利用者さんらが


「なんで変えなきゃいかんのよ?」


と、真っ向から意見を言われることが

予測できる場合においてですが(笑)


何にも言わないで実施するよりは、

その事前告知をすることにより、

お互いに時間と変化を有効に使う事ができますので。


良い効果が見られたらコメントを(笑)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

いきなりってのはびっくりなんです(^^) - 2013.08.18 Sun

みなさまこんにちは(^^)

皆さんの職場をイメージしていただくとすごく

分かりやすいのですけど・・・

いきなり自分のロッカーが違う場所にあったら

きっとびっくりすると思うんですね。

 なんで変わってんねん!! 

て感じで(笑)

もしショートステイフロアーのリーダーで

働いてるのに明日出勤してきたら

 今日からキミはデイサービスのリーダーね! 

って言われても、

 はぁ~何言ってんですか?? 

となりますよね(笑)

そう考えると 「変化」 というものを

導入していくときには、よ~く考えて

実施をしていかないととんでもない誤解を

招くこと間違いなしという事になります。

間違っても

ディズニー〇ンドにいった皆さんが

朝起きたら野外のテントで目が覚める
 


というような

ことがあってはいけませんね。

もしそうなったとしたら・・・

どんな心理状況に陥るかをしっかりとイメージすると

どういった過程で物事すすめるかわかると思います。


介護の現場での環境の変化をするといった時に

なぜかディズ〇ーランドが一夜明けると野外キャンプ場に

なっているという現象が起きていることが多いです。

利用者さん、入居者さんから見たらですけど(笑)


当然ながらスタッフは変化をさせているんだから

混乱など起きるわけはないのですけど。

ここまで書いてきたら、

スタッフはまず何をするべきか?

皆さんお分かりですよね!

きっと分かってくれていると思います。

ちなみにこの答えは

普段の皆さんの生活で絶対に体感をされています(^^)

しいて言えばもし答えがいまいちよくわからないなぁと

思う方はその答えが

自分でも気づかないくらいに当たり前になっている

という事になります。

気付かないので、

いきなりディズニー〇ンドからキャンプ場になって

驚き、慌てる人の心理が理解しにくいとも言えますので

注意してください(笑)

一度気づけば直るものでもあるんで、

答えが分からない方も次のブログでしっかり

覚えておいてくださいね。

決して考えすぎないように・・・

それくらいに

「なんだそんなことかいな!」

という答えですので(笑)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

希望の伝達人

Author:希望の伝達人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (2)
施設のこと (17)
自分の思い (19)
介護 (8)
新しい施設 (1)
新しい形 (5)
グループホーム (2)
講習のこと (1)
社長 (10)
介護論 (7)
元気論 (4)
老健改革編 (8)
人材育成 (4)
サザンパーク (1)
目的論 (2)
教育論 (4)
宣伝告知 (2)
コミュニティー論 (1)
デイ改善論 (1)
神戸 (1)
出先論 (1)
研修のこと (0)
環境 (5)
施設を見る (2)
職員業務 (3)

FC2カウンター

ランキングアップにご協力を

自己選択自己決定方式を知ってほしい方 よろしくお願いします

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
329位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


4人の世界DX

春風日記

きみきみのぼちぼちいこか~

TKGブログ (十日町介護グループBLOG)

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。