2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代にあったお店 - 2011.05.16 Mon

某テレビを見ていると・・・

昔流行った(今もあるのかな?)屋台村って感じの店舗出店のスタイルが

不況などに関係なくその需要を伸ばしているそうです。

通常一店舗で借りるものを10くらいの出店者で分担負担で経営を

するという考え方。 

トイレは共用で、席はそれぞれあるも、ほぼごった返しているような

狭さと距離間。

おまけに店内のメニューはどこの席にいてもどこのお店のを頼んでも

良いと言う感じなのだそうです。

で、客単価が1人当たり2,500円くらいが平均で

客層も20代30代が殆どだそうです(笑)


と・・・


正直言ってですね、

このテレビの内容ってのは先にも書いたとおり

知ってはいるのですね。

ただ、その時は今の仕事ではなかったのですよ(笑)

だから、その当時は

物珍しさと安さといろんな種類の店が一カ所にあって

便利で楽しいと思ったくらいでした。

今日の放送でも、やっぱり同じ事を言ってたし(笑)

但し、今回は仕事に関連して見ている自分が

いたわけで、それなりに違う視点から見ていました。



① そこへ来る目的・・・特に上京されてる方等

② ごたごた感あり、仕切りなし、行き来自由

③ 隣の人らとも気軽にお友達になれるそう(笑)

④ ジャンルの違う料理が自由に楽しめる

⑤ 共用部分が多い


①~⑤までって上手に照らし合わせて見ると

本来の施設がこういう感じだったらって思うのですね。


状況妄想・・・・・


「いきなり知らない所へ来ましたが、ここは大丈夫ですよ。

職員もいますし、他にもいろんな方が来てます。

ここに来る事でそういった方らも含めていつも誰かがいて

友人が出来る事、何かあってもちょっと声をかけれる人が

ここには沢山いるので」


(案内される・・・・)

ここって何をするとこなの?

「ここは特に決まってませんが時間が来たらご飯を食べたり、

自由に過ごしたり、家族が来て話をしたり、寝たり、走ったり・・

自分の思うように動く事が答えですね」


ふ~ん・・・ご飯ってどんな感じなの?

「ここは何種類かを選べるようになってますよ」

時間は12時からなの?

「いいえ、11時くらいから14時くらいまでですね」

「ちなみにメニューにないものも言ってくれたら出来るかもです」


席はどうなってるの?

「原則、どこで食べても結構です。一般のレストランと同じだと

思っていただけると良いです。事情等により、席の予約も可能ですし、

料理も希望や予算によって変更可能です。」


でも、あまり椅子が多くないように思うんだけど・・・

「そうですね。ベンチ等も多く設置していて、気軽に周囲の方とも

話などが出来るようにと席はあまり個別に作ってません」

「昔でいう長屋、提灯やたいみたいに隣の人と気さくに話などを

してもらえたらお互いいいのかなと思ってます」


なるほど。それはいいかもね。

なんか人から聞いていた施設のイメージと全然違うわね。

今日の夕ご飯は何が選べるの?・・・・・



妄想終わり(笑)


こうやって妄想的なイメージを施設と重ねて

見たわけですけども、

こんな施設ってないかな(笑)ってね


思ってしまうわけです。

もちろんこれはケアや常識ってのはちゃんと押さえたうえでの

プラスアルファでの考え方ですけど。


制度的にもユニットユニットと

ユニットが良い効果を・・・って言う方々も多いですね。

間違ってはいないでしょうけど、


活気のある若者世代と違って、

特養や老健等におけるユニットっていうのは、

馴染みがどうこうという考え方よりも、

施設側の効率や見やすさを配慮した感じがします。


実際には人員配置で苦戦をしていると聞いてますが、


それを満たしたとしても、


そのユニットの中って・・・静かなんだろうなと(笑)

少なくとも活気のある環境ってのは難しいんだろうと

思うわけですね。


だって職員も少ない、人も少ない。

出るアイデアも少ないし、皆が出ているわけでもない。


きっと・・・


話をしたり、なんとなく人のいる環境に

身を置きたくともおけない状況であり、

その他の方との交流なんて

いつのことやら・・・って感じだと思うのです。

そんな環境を思うとね、光がみえないのですね。


こういうのを書きだすと話がまとまらないので、

この辺りにしますが・・・


福祉関連のテレビは学びになる事はありますが、

アイデアを生み出す効果は皆無に等しい

特に出演者が名前の知れた方なんかだと、

見ている人もその人の指示者だったりする事が

多いでしょうから、

その人が言った事や方法以外に

頭の中に選択肢が生まれないのです。



いろんなアイデアや発想を考える時や、生まれてくる時って

福祉とまったく関係のないテレビ等からの事が多いのです。


おしゃれなお店、良い雰囲気の居酒屋、奇抜な色使いや形等・・・

福祉では猛反対されるでしょうけど、

これらは福祉の多くの施設には多分考えられないでしょうね。

少なくとも見てきた中では、一つか二つしかなかった(笑)


制度の縛りや決まり事以前の問題ですが、

その職場が職員や経営者自体に、


そのアイデアや発想が生まれる環境がない。

施設は元々部外者がそうそう入ってくることが少ないという

致命的な欠点があるが故に、

閉鎖的な環境になり、人の想像力も小さく固くなるのです。



なおかつ、あっちこっち見学に行ける様な給料をもらえる

わけではないし、施設研修も同じような人がいる場所へ

同じような方が同じような事を言いに来るのですから。


そう考えると、学べる環境でもないのに求めるのもまた

コクなのかなと・・・ちょっとばかり思います。

とかいって、

施設の研修先を、

ディスカントスーパーとか居酒屋とか、喫茶店、スーパー

とかにしたら、

わけわからないって

言われるんだろうけど(笑)

結構、ためになる要素や考え方があるんだけどねぇ。

だって、

これらの店って、


お客さんが来て満足してお金使ってくれないと

自然につぶれてしまうから。


だから、お客さんが常に来たいって思うような

アイデアや手法、表記、接遇等・・・

これでもかってくらいに考えてますから(笑)

そんな集客満足アイデアのノウハウを

タダで、楽しみながら、満足して学べるのに。

でっかいスーパーのコスト●やIKE●なんて

分かりやすい。

人が来て混みこみの理由は安さ以外にもあるのです。


今の福祉業界の人も

ちっとはこういう福祉以外からも

気軽に楽しく学んでいけば、

心身ともにくつろぎながら、

明日へとつなげるのではないかと、

勝手に思ったのでありました(笑)


ちなみに・・・

日曜のコス●コは行かない方が(泣)


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

希望の伝達人

Author:希望の伝達人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (2)
施設のこと (17)
自分の思い (19)
介護 (8)
新しい施設 (1)
新しい形 (5)
グループホーム (2)
講習のこと (1)
社長 (10)
介護論 (7)
元気論 (4)
老健改革編 (8)
人材育成 (4)
サザンパーク (1)
目的論 (2)
教育論 (4)
宣伝告知 (2)
コミュニティー論 (1)
デイ改善論 (1)
神戸 (1)
出先論 (1)
研修のこと (0)
環境 (5)
施設を見る (2)
職員業務 (3)

FC2カウンター

ランキングアップにご協力を

自己選択自己決定方式を知ってほしい方 よろしくお願いします

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1448位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
386位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


4人の世界DX

春風日記

きみきみのぼちぼちいこか~

TKGブログ (十日町介護グループBLOG)

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。