2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老健改革への取り組み(6月2回目) - 2011.06.29 Wed

さてしばらくブログに着手できずでしたが

一段落したので再開を致します。


この週初めから関東の老健へ行ってましたが、

月初にお願いしていた課題はほぼクリアされていて

内心ホッとしました。


一階の環境は各段に良くなってました。

これでようやくデイの改善に着手できそうです。


ここでの取り組みの第一ポイントは


コミュニケーション

いわゆる連絡網の整備です



この言葉のごとく、

この施設の現状の連絡手段は

「会議」

「電話」

「ノート」


この3つが主流。


特に問題がないのですが、

機能はしているか?

といえばそうでもない。


例えば、


全体会議で決まったこと
 ↓
役職理解
 ↓
各階理解
 ↓
実施など



になるのが普通のなのですが、

上から2つ目で、

役職間の相違があり

当然のごとく各階になるとその相違のまま伝わるので、

私が確認で話を聞いてみると


伝言ゲームで30人くらい並べて間に

3歳以下の子供を2人くらい入れてるだろう



ってくらいに内容が違っているという状態(笑)


すげ〜なぁ〜って思いながら

ここからの手直し・・・と考える。


ここでの欠点はトップが半々くらいでいる状態であり

連絡の最終収集までに時間がかかること、

連絡の流れが確立出来ていない(ルール)がないこと。

よって、

先月から私の立場も明確になり個別に各階に見聞きできるので

その連絡網を構築することに。


でもここで考えられる要素があり、

当然のごとく、

今までやってきてないことをまともに組み込むと


A型の人にB型の血液を輸血するくらいに

拒否反応が出るので



その方法を簡素化して、期限も触れ合う?程度。


おはようございます〜

こんにちは〜



レベルからです。


これくらいからやらないとスムーズに

短期間で納得をさせつつ溶け込ますのが

難しいので。


昔にバイトで商品を扱うときに習った言葉。


親切に  優しく  丁寧に 

こういう場合、

対人的にそれが当てはまるのかも知れませんね。

少なくとも嫌悪感はこの場合

マイナス要因となるわけですから。


ホント言えば利用者さんに


親切 優しく 丁寧 を



ケアで形にしてくれると

言うことなしなんですがそれはこれから。


セラピストと介護。


この両方を同時進行で立て直しつつモチベーションを

従来まで一旦戻す環境作りが当面の課題となります。

頭数は揃いつつあり、あとはその質を問うわけです。

不思議と

後から入るセラピストさんは理解力と柔軟性があり

上の階から取り組みが進行し始めてます。

その対応もあって流れを具体化し、

進捗具合を現場が知る形を今週中に構築します。

で、来週はその流れをテストして稼働。


デイケアの方は、

ややこしい慣習の破壊に取り組みます。

そのための伏兵もきちんと仕込んできましたし

まぁ良い方向へは向くかと思います。


現地に入り、常に指導をする状況でやれれば

もう少しは細かく出来るのですが

これも与えられた時間と日の中で

ない頭をしっかりとしぼって

知恵をアイデアを方法を

考えなさいという試練だと思い

試行錯誤を繰り返そうと思います。


違う方のブログにも書いてましたが


やはり、よき方向へ向けての施設作りには

経営者レベルでの考え方、常識ある考えの方が

非常識にならないような環境作りが重要です。


四面楚歌が聞こえる施設

治外法権が成り立つ施設

魔空空間がある施設(笑)



などなど。


利用者さんにとってプラスにならない環境には

職員にプラスになる環境は存在しない



そう言い切れるような施設の形と

人材の育成をここでしっかりとやっていきたいと

思います。


いい施設を見て、学んで、それでレポートを書くだけでなく


その学びを形に、行動に、そして現実にしてこそ

他を知り、見て学ぶ事に

意義と価値が存在するものだと



思います。


すべては人のため世のためではなく

まずは自分のためにしっかりと考えるべきですね。


今日は、思いが言葉になり

スッキリいたしましたので

これにて終わります(笑)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

本日は講義でした - 2011.06.23 Thu

今日は午後から教え先の老健での

講義をやりました。

内容は

変化する施設への取り組みについて

でした

詳細は書かないでおきます

書くと膨大な量に・・・・

簡単にだけ。


無機質な感じだった施設

それが普通のように環境に慣れている職員


この状態をまずおかしいでしょ?

と疑問をもつための

頭の思考回路をもちましょうと言うことですね。

そのためにするべきことを

淡々と・・・・


最初の半年は


思考回路の構築となぜ?の理解

残りの半年は


思考回路を使っての環境を変えることの実施

変えるとどうなるかの予測と効果を理解する



この2点。


後は、写真やコメントをおりまぜながら

約1時間しゃべれっぱなしでした(笑)


きちんと合間には


言葉遣いのこと

挨拶のこと

環境が人も変えること



きちんと言えたかなと思います。


興味を持ってくれた方

面白いと言ってくれた方


そういった方々もいてくれて

内心・・・ホッとしてました


20人くらいだよって言ってたので

余裕をもっていたのですが


蓋を開けてみると


30人超えてるやないかい~

私の席の横にまで人がいるやないかい~

そんな環境で

講義をスタートした。


PowerPointについている

レーザーポイントの機能をさりげなく

使いながら(笑)

頑張ってやりとげました。


ちなみにこのレーザーポイント機能は

今日の講義前にプロジェクターをセッティングしているときに

パソコンをいじっていて発見したものです(笑)

いきなりそれ使うか!って感じだったのですが、

ちょっといいかな~って思い使いました(笑)


まぁ


結果は時間内に収まりましたから良しとしましょう。


しかし今日は、

充実のあった1時間でした。

今後もこういった内容の事をやりたいなぁと思います。

また依頼があると期待しておきます。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

愛知老健の取り組み - 2011.06.15 Wed

前回の内容を更に分かりやすく味わいある内容の

ブログをリンクしておきます

介護学部マニア学科より


エゴイズムはムゴイです

さすがに内容がシブい(笑)

スルメのように味わいのある内容ですね

この方のセンスは仙人クラスだと思います

と冒頭でご紹介を兼ねておきまして・・・



本題の老健のことを書いていきます

今日は愛知へきているのですが

ここの老健は意外と期待以上の成果が

出ているのですね。


例えば


利用者さんが習字をしたいからと

職員に頼らず自分らで勝手に書き始めていたり


向こうの席(窓際)がいいと

職員のススメを押し切って窓側に行くなど・・・



自主性が芽生えてきている事が顕著に伝わってきます


まだ全体の4割程度の事なのですが、

以前の状態が1割以下だったことを見れば

月に一回の指導と講義で

後は課題をクリアするというやり方で

ここまでやってくれているのは

スタッフの質の良さもさることながら

リーダーの成長が

最も大きい事のあらわれでもあります

やっぱり

リーダーが育ってなんぼ

であると

あらためて確信した次第であります


ここでは入浴を午前と午後の選択性

変更をしたり

レクリエーションに

パン作り等も取り入れており

やり方はまだまだ再考の部分もありながらも

利用者さんも職員も楽しくやってくれてます


こういう流れでもう一つ変化したものがあります

それは

職員の休憩時間の確実な消化です

最初に個々に来た頃は

職員がいつ休んでいるのか・・・

わからないくらいに常に顔を見ていて

ある日に聞いてみたら

休める日もあれば

呼ばれてしまうと途中で出てこないといけない

などなど・・・


要するに60分をきちんと消化しきれていない

現実があったようですが

その部分も

職員の動きをボード化にして

誰がいつ何をしているのかが

職員らで把握できるので、

お互いに声をかけて

その動きに良い意味で気にかけている


様子が伺えるのです


これが出来ることで何が生まれるかというと


何事もお互い様だから

休憩は皆きちんと取ることが当たり前

休憩時間は原則仕事に入らないのが普通

それでも入らないといけない時は

理由があって非常事態の時



こういった思考回路が頭に定着する訳です

この効果は、

お互いを変な意味で監視をするという

よくありがちな施設のダークな部分が減少する事に

つながります。

お互いを気遣うという姿勢が出来るからですね。


環境を変えていくことも

最初はなかなかその意味がわからずに

変えること自体に消極的だったのも

現状は変化をする事には抵抗がなく

逆に利用者さんの動きをイメージして

また自分達も利用者さんにどんな環境が必要か?

をしっかりと思案して構築している様子が見えます


こういう状況下においては

当然、変化のないものと比べると

その変化の大きさにあらためて気づくのですが

その時にこの変化を生み出したのは誰でもない

自分たちであることにも気づきます。

やればできるなぁ~って

そんな感じであるので、

フロアーなどの環境については特に指示を

出さずとも自分らなりに考えてやっていますね。


後は、


役割づくり、入浴時間のさらなる選択、介護技術


これくらいをやっていくとおおよそ

安定期にはいるのではと考えています。


そうなると、

私の仕事も毎月から隔月へ変化していくので

収入は減るわけです(泣)

しかし、それは逆を言えば

施設が健全化している事でもあるので

心境としては


卒業していく生徒を見送る先生のようなもの

でしょうか(笑)

なんせ

目的が結局は利用者さんと同じ


自立


なのですから。


こうやって考えてみると

介護施設にて求められてることって


利用者さんも職員も

同じものである



と言う事になりますね


今後の成長に期待をしつつ

来週はまだ手付かずの入所フロアー向けに

講義をするのでその資料作りの仕上げを

やりたいと思います。

夜は、明日に提出する介護事業の申請書を

仕上げないといけないので今日は多分徹夜

時間が足りないなぁと思う今日この頃です

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村


老健改革業務6月前期編 - 2011.06.06 Mon

この内容は今後度々取り上げます。

何と言ってもいろんなモノがかかわっているからです。

よって、

その経過をのこしておくことはアウトプットをする

意味でも重要な事だと思います。

ここでの取り組みは今後の教育の手法や人とのかかわり

その中で一つの方向性が見えるのだと思います。

そこまで言うだけあって


現状の中身は凄まじく・・・

お昼の連ドラのような感じ。

ドロドロ感と複雑さ

これが見事に混ざり合ってまして

これ以上ない仕上がりな現場です。


一つだけ気になるのは


そんな混ざり合った環境下において

その影響をモロに受けることになる

利用者さんですね。

正直言えば悲惨の一言です。

こればかりは今の状態ではすぐに

改善が効果に出来ず

歯がゆい思いでいっぱいです。

その反動が

自らの原動力の一部になっているのも

また事実であります。


今回は、

ようやく前振りをしておいたことを

形にしていく日程としてました。


私が何者なのか?

そういう目的できていて

どんな立場の人なのか?



こうやってあげていくと

何かとんでもない極悪人が

来ているような言われ方であるのですけど、

見知らぬ方々にとっては

そううつっていても仕方ないのでしょうね。


おかげで、

この見られ方が

多分名古屋の老健でもあるのだろうなと

思えた分、

収穫はあったと言えます。

何故ならば、

先手がうてるのですから(笑)

こういう改革の業務はこう行った部分で

先手を打てることはありがたいものです。

なんせね、敵陣の中なんで。


話を戻せばようやく私の立場も理解された

訳でして、その流れで

全館の把握と一階の職員については個別に

話をすることも出来ました。

不思議なもので・・・

個々に思ってることは違っていて

これもまた、現段階での判断には

役に立ちそうです。

残ってほしい人、辞めてくれたらと思う人。

これくらいはハッキリしましたので。

私が来ない間にこの判断をするに値する

事が必ず起こるのですからまぁ・・・

現場ってのも人ってのも

分かりやすいものなのかも知れませんね。


この2週間は、別件でのこともあって

頭が4つくらいあればと思いますが、

当然一つしかないので、

回転をひたすらする以外に方法は

ないのですよね。


さて今週もそういうわけで

しっかりと動くこととしましょう

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

一応の道筋 - 2011.05.22 Sun

ようやく仕事も一旦終わり、

老健ともしばしの時間が飽きます。

といっても、

せいぜい2週間くらいですけど(笑)

今回の訪問では前回の通り、

上の階との調整、フォローがお役目と

思いながら行ったんですが、

やはり予想の通りで、その手前でおかしく

なってました。

で、まずは私の位置的な決定を通知していただき、

今回以降は直接やりとりをすると言う事でルール付けを

してきた次第です。

これでもまた何かはあるのですが、

内容は告知している以上はこちら動くにあたり

支障はないので遠慮無くさせていただきます。


そんな訳でして、


行ってまもなくやったのは玄関の見直しの実施。

案内板みたいなものが二つあるのですけど、

それを簡単に言えば、

通路を遮断するようにおいてきたのです。

要するに、

「絶対見ろよな!!」

という避けて通れない状態です。

これにより、施設の職員というよりは

外部から来た方の問題解決になりました。

「土足当然」

「消毒無用」


この2つを今までよりは意識させて

事務方の手間と施設内への菌の持ち込みは

減少したかと思いますが・・・


多分、普通の人が見たら普通なのですけど、

こういう変化のないのが当たり前の所で

変化を知らない環境の中にいると

その感覚もマヒしてくるという実例です。

怖いものですよね、ホントに。


と、ここを皮切りにして、


玄関周辺を手直ししてきました。

あとは指定の備品が配置されると、

そこそこの玄関にはなるでしょうね。

あるものは上手に使い、

そこに置いてあるものは活かすような

方法を考えるだけですが。

少なくとも玄関から入って

正面奥に車椅子が乱立している

光景はなくなったので良いと思います。

あと、この玄関はこれからデイの送迎口として

当たり前の使い方をすることになっているので

その為の環境もあるモノで構築し、ないものだけ

購入をお願いしています。


これでプラットホームは完成。


やれば一日かからずで出来るんですけどね・・・


その後、鍵付きロッカーが、

テレビ台、布団入れとなっていたので、全部

違う入れ物と入れ替えて、その3つを居宅兼相談室の

書類入れ用に移送。

合計で4つあったので、無駄な事務用品は購入せずに

済みました。

廃棄物処理も手続きを終えてあとは運んでいって

もらうだけとなり、次期相談室前のストレッチャー、

分別ゴミ入れなどは向かい側に移動して部屋にも

配慮ができそうです。


あとはパーテーションで入り口周囲だけ囲めば

見た目もすっきりするでしょう。


リネン庫にはあっちこっちにいっていたリネンを

一箇所にまとめて管理。


事務書類関係の保管場所も専用の場所を確保。

現場で使うものは別部屋に移動、

薬品も別部屋に移動。

順番も変更して手前には現場の倉庫。

奥の2つは書類、薬品としています。

これで、鍵の管理も楽になりました。

今まではいちいち手前のドアの鍵を開けてもらって

その奥の道具やらを取り出していたそうでして・・・

今は逆になることで、手前のドアには鍵はかけなくて良いのです。

薬品と書類という本来のものには鍵がかかります。

ここも一件落着。


で、もうひとつの部屋も振り分けをしてます。

制服類の保管とリクライニング車保管、リハ用具保管を

このもう1つの部屋に集約してます。

この部屋は一番機能訓練室に近いので使い勝手が

よくなるかと。


で、


最後に玄関からデイルームまでの間の通路に

椅子や机、植栽、ベンチなどを配置するように指示。

これでこの場所もデイの一部として使うことが出来ます。

証明も暗めで静かなので、

良い場所になるでしょう。

デイの送迎口が変更されたことで、

今までのところは周辺にベンチなどを

置いて目の前の畑をみながら、のんびり

できる場所とします。

足湯をしたり、タバコを吸ったり・・・

散歩へ向かうルートとしても最適です。

これからの季節には良いでしょうね。

恐らくですが、

脱衣場も含めて、次回の訪問時にはある程度の

変化ができていると思うのですね。

あとは備品関連の購入がいつになるか?

これだけです。

時間はあるので、買いに行きたいくらいです。

人もまだ安定している訳ではないのですが、

こころ強い助っ人も参加してくださり、

私としてはこの改革の一部始終を身を持って

体験し、事実を知ってもらえる絶好の機会と

思ってます。

いいことばっかり言っても仕方ないし、

嘘を書いて改善をよくふれ回っても

なんにもならないですので。

バチっと変えて、良い施設になるように

その事実を伝えていけたらと思いますので。


これらを行っていく中でまだまだ自分も学び

知識やアドバイスを受けながらがんばらないと

行けないのですが、

これって苦痛でないのですね。

むしろ余計にいろいろと学ぼうと

力がみなぎってきます。



私がまだサザンパークの管理者をし始めた頃、

この進め方には違和感を持ってました。

もっと話をしながら、意見を聞きながら、

穏便にすすめるのが良い上司であり、

良いやり方と思っていました。

でも今は、なぜそうやって行くのが良いかと

思ったのかがハッキリと分かるのです。

その理由は・・・・・・・

聞きたい方は聞きたいとコメントください。

ちなみに聞いても期待するほどのことでもないので、

モヤモヤ感が抜けない~って方はコメントへ(笑)



この老健の取組は本当に一歩進んだばかり。

来月からは上の階への落し込みを開始しながら、

デイのやり方に着手します。


一日浴、介護技術、日中の過ごし方の見直し。

架橋に入ってきますが、ここを引き受けた以上は

必ず良い老健のモデル化として仕上げます。

でないと、好意でいろいろと教えてもらってる人たちに

申し訳ないですし、いいことばっかり言っても、

形にして現実を見てもらわないと、

結局は認めないのですから。


でも・・・


今は人当たりよく、キツく言ってるのですが

職員さんとはある程度仲良くやっていきたいなぁ。

慣れているとはいっても、

現場の冷ややかな視線(特に女性)は

突き刺さるような感覚で身に危機感を

覚えるので無いにこしたことはない。


でも、


利用者さんを第一にできるような心をもって

きちんと根拠あるケアが出来る職員がいる・・・

そんな老健にしたいと思います。



明日、あさっては長野へ家族で旅行です。

しっかりと温泉に浸かって、

美味しい物を食べて、飲んで

歌わないけど、楽しんできます。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

希望の伝達人

Author:希望の伝達人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (2)
施設のこと (17)
自分の思い (19)
介護 (8)
新しい施設 (1)
新しい形 (5)
グループホーム (2)
講習のこと (1)
社長 (10)
介護論 (7)
元気論 (4)
老健改革編 (8)
人材育成 (4)
サザンパーク (1)
目的論 (2)
教育論 (4)
宣伝告知 (2)
コミュニティー論 (1)
デイ改善論 (1)
神戸 (1)
出先論 (1)
研修のこと (0)
環境 (5)
施設を見る (2)
職員業務 (3)

FC2カウンター

ランキングアップにご協力を

自己選択自己決定方式を知ってほしい方 よろしくお願いします

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
329位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


4人の世界DX

春風日記

きみきみのぼちぼちいこか~

TKGブログ (十日町介護グループBLOG)

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。