2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えることってなんだろう? - 2011.07.27 Wed

最近、人前で話す機会が多くなり

その時は純粋に目指す介護の形について話を

しているのですが、

最近は、講義レベルのお仕事がいただけたこともあり

少し考えるようになった。

内容は良いとしても

聞く側に思いや考えが

少しでも伝わるのだろうか?

伝わっているのだろうか?


この2点は常に考えるようになった。

いくら良いことであっても、

ためになることであっても

相手が興味を持てなかったり、

学ぼうとする気持ちが

例え強制的にでも少しでも

あれば、

何かの部分で気持ちに波紋を

広げることができるのだと思う



私の話は長くまとまりがない・・・


よって資料を作成する事で

その内容を絞ることにするのだが、

その際に、

何についてを残すのだろうか?


人が少ない場での話はまだ良いのだが

大勢がいる場所では

これらを絞っておかないと

結局は

何にも相手に残ることはないかも・・・

と思っている。

伝えたいこと、理解してほしいことは

沢山ある。


現場に入り、それを伝えることはある意味

簡単であると思う。


しかし、それではいずれ限界が来て、

自分でなければ伝えることが出来なくなるという

メリットとデメリットが発生する。



私が今やろうとしているのは、

メリットを保持するのではなく、

デメリットの部分をあえて行うこと。


自分でなくとも、それを学び共感し

自らが伝えていける人を育てたいと



強く思っている。


そうしないと、

全国に星の数まではいかない介護事業所に

変化の波紋を広げることは出来ない。


やり方の柔軟性を持ち

変化と改善に真っ向から挑めるような


人材がこれからは沢山必要になると思う。


色々な方々がそれぞれのやり方で

そういう人材を育ててくれていると

勝手に思っているけど、

自らが出来る方法でも

その人材育成と会社の飛躍に

素直さと謙虚さを持って

チャレンジし続けたいと思う。


良い環境を創るのは確かに大変であり

時間もかかるものであるが、

本当に大変なのはその環境を

維持向上させ続けること



こればかりは

永遠のテーマなのかも知れませんね。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

やればやるほど・・・ - 2011.07.01 Fri

唐突ですが

例えば、

デイサービスにおけるサービスと

在宅中での利用者さんの生活とのギャップについて

考えたことはあるでしょうか?


先日、ツイッターでちょこっとこの話題に

ふれる機会があって2、3コメントをしたのですが、


その方曰く、


介護サービスにおける充実度が高いほど

ご自宅における環境とのギャップが激しく

その結果の一つとして

逆に認知症がすすむ



ということであった。

付け加えると、

一般型(6~8時間)デイでの

この進行率が高いとも書かれてあった。

認知症の進行具合をこの地点で議論するには

まだ情報も根拠も弱いので

外しておくが、

注目したいと思ったのは


デイと自宅の差は

提供側の質が高いほど開く

言い方を変えると

自宅での質が提供側の質に

追いつけない現実が多い



という点である。


このままの理論でいけば

より良いサービスを提供するだけでは

結果としてその利用者さんには

マイナスとなる可能性が高いということになる



う~ん・・・・・・・・・・・・


正直言えば考えさせられることはある。


結論からいけば


質の高いサービス(デイ)があるなら

家族も含めた在宅でのサービスにおいても

満足のいくサービスもしくは協力をもって

その差が出ない努力が必要となる。



では差を出さないためにはどうすればよいか?

この部分がお互いにとっての論点となるのですね。


デイなどの施設がただ単に施設内でのサービスで

とどまっていてはこの問題は解決しない。

しかし、提供時間外でのサービスとなると

デイでは限界があるし、

ヘルパーが入ったから良くなるわけでもない。

家族の協力にも限度があるだろう。

それが困難でデイなどを使っているのだから。


では、


デイでできることって何だろうという疑問にぶつかる。

デイでできるその方のご自宅の事も踏まえた取り組み。

家ですることをしてもらう

家でできるように訓練する

本人が出来ることを見極めて確立する

などなど・・・・・



一般論としてはたくさん出てくるのだが、

実際に言えば、これらをしている施設もあるが

結果としてこの差が埋まっているようには感じない。


どうすればいいのか?


昨日はこの事で

自身のデイも含めた外部介護サービスに

ついて考えさせられることが多かった。

この部分を明確な手法として取り組みに掲げて

これからの施設を構築していけば

目指すものへと大きく近づく気がする・・・

これはかなりハードルの高いテーマだ

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

介護技術を考えると? - 2011.05.02 Mon

久々に更新すると何書こうかと迷いますね。

今日は久々に他のお気に入りの方の日記を

全部読みまして・・・ちょっとだけコメント入れたのも

ありますが。入れなかった人・・すみません。

最近コメントをする前に次々読んでいって後から

書こうかと思ったやつ一つか二つくらいにしか

書かないという横着をしております。

書きだすときりがなく時間が足りないのでそういう

ルールを勝手に決めておりますのでご了承を。

さて、

介護技術の捉え方・・・というか、考え方ですかね。

世間にはそれはもうセラピストの方も数知れず、

△▼介護技術、古●●介護、な・・・介護・・・色々(笑)

沢山の手法と言うか先生と言われる方々も多いですよね。

習いたいなぁと思うこっちが迷うくらいにあります。

きっと、

どれを習ってもそれなりに身になり役に立つものだと思いますが、

いくつかの介護技術の説明を聞いていて少し引っかかる言動がちらほら。

起き上がりや立ちあがりなんかの時に、

自然な動きで・・・」 「自然と楽に・・・

この自然っていう意味ってご理解ある方、いるでしょうか?

セラピストさんなんかだと分かって下さる方もいるのですけど、

この場合、

自然な動きっておかしいんですよね。

その人にとっての自然な動き・・・介護ってこういう言葉に弱い。

普段過ごす中での自然な動きってのはいいのですよ。

生活に対して出ている言葉でしょ?

ただこの起き上がり等の場合はね、

自然な動きでは根拠がないのですよね。

自然な動きでは、きちんとした目的をもった起き上がりは

出来ないと言う事です。

目的がない起き上がりって???

介護者の技術に満足、

それ見ろ!!俺様介護ですね。」

起き上がりにだって、ちゃんと目的が無いとダメなのです。

なぜ、この人は足を自主的に動かさせて、肘や手首が

ああしてこうして・・・なのか?

それはその人が持つ身体的な動きにおいて

その能力を最大限に引き出すから、

そういった動きで介助をしないといけない。

ってなふうに(笑)

その方をきちんと見てないと、

何故、手を出し、なぜ手を出さないか?

この理由も分からないままに介助をする。

下手をすると技術の出来に頭がいってしまい、

肝心の利用者さんにとってその介護技術を

使った起こし方が、自立を促す方法かどうか?


判断する事も出来ない。

これが一番怖いのですね。

自分で出来る可能性をも摘んでしまうのです。

最近色々な場で学ぶ機会が多くて、

様々な方との講義、議論、意見交換をやってますが、

この技術においては、面白い議論が出来ますね。

だって、

どの先生とも言われる方のやり方ってね、

「言い回しや細かな位置は若干違えど、

その形になるものは、ほぼ一緒(笑)」


なんですよ。

テレビ中継みたいに一斉に放映したら、

そのそっくりさにきっとびっくりしますよ。

そうなると・・・・

そのセミナー受けるのに、値段がバラバラってのも

また何で??? となるんでしょうね(笑)

個人の考え方なのか? たまたまなのか?

一度、そういった方々の座談会ってのを

見て見たいなぁと思います(笑)

ホントに。

とまぁそれはさておき、

うちの職員に言っている事は、

技術バカにならないでね」

「無理な時は2人でやってね」

「細切れに考えて下さいね


ってことくらいかなぁ。

上の二つは、予想出来るかと思いますので、

説明は省略を。

一番下のやつね。これは大事ですよ。本当に。

人ってのはついつい、

一気にやってしまおうみたいな考え方が多く、

どれだけスムーズに手短に楽にやるか?

って所に、介護技術を求めるでしょう?

これは間違ってないのだけれども、

落とし穴におちてしまう結果にもなるのです。

現に、

先月の技術練習の時にもろに落ちてしまって、

そのせいで、

「技術に難しさと高度さを感じてしまっている」

のでした(笑)

こうなると、まず技術の練習に不足がある方や

自信のない方は、この練習の空気を嫌がるか

日和見を決め込むようになりまして。。。

これはボチボチって思って、先ほどの

「細切れにやったらいいんよ・・・」

と言っちゃったわけです。

録画をコマ送りで見るようにね。

そうすると、無理なく誰でも出来るようになったわけです。

と、

練習に参加する積極性が出てくる出てくる(笑)

こういった事を予測しながら見ているのは、

悪いなぁって思いながらも、

ついつい・・・(笑)

というわけで、この技術も見事細切れにやっていく事で

解決したわけです。

介護技術を極めるって方ほどにこの傾向に

落ち込む場合が多いので、

私は???って思った方は、一度その介助がしんどいならば

細切れに介助をしてみましょう。

光が見えるかも知れないですよ(笑)

一つ一つの介助を確実にね~

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

介護技術の学びから - 2011.04.20 Wed

みなさまこんばんは。

というかおはようございますか・・・

気が付けばこんな時間です。

そんな事はどうでもいいとして、

2日間、仕事で横浜へいってました。

老健の方はいよいよレイアウト変更というところまで、

来てますが、スタッフのカンファをこそっと聞いてまして(笑)

はっきり言うと、

しないほうがマシ

という内容というか何を話したいのかすら分からん。

答えも出ないまま途中で1人スタッフが帰り、

また一人・・・おいおい・・・何の会だ?と。

これから異動の方が2名いたのでまぁいいかと思いながら

しかし、酷いもんです。こんなに違うと怒る気もなくなる。

ので、怒るのはやめました。

つまり、ジ・エンドになってもらうことにしました。

と、

答えは出たので、レイアウトを簡単に

説明をして今月末までに変えてもらうことに。

お風呂場と通路は新提案として追加。

新規で来た職員がおかしくならないうちにやっておかないと

ぬるま湯にどっぷり行くと必ず抜けれなくなるのでね。

後は、ここも一からやり直しです。

会議の仕方、書面の作成方法、ルールの定着。

どうせ1からなんで思いきってやっていこうと思います。

ここはきちんとした形でのモデル化にするので、

あらゆる要素をきちんと入れ込んで最終的には

上の入居者階も改革しないといけない。

まずは一階からやっていきます。

で、

タイトルの方に話題を(前節長いですね・・・)

介護技術を裸王の部屋ことTさんにお願いして

実演を兼ねての講義を配信していたのですが、

ここで見ているとおもうことがあります。

共通していることとして、

いろんな介護技術を提唱する方々の中で

理論や根拠がある技術の形の大元は同じであると

いうことですね。

もらった資料や学んできた事を照らし合わせると

ほぼ同じ(笑) ということは間違った事はやってないと

いうことですね。

そんな配信の中で前後を流していたわけですが、

私も言ってしまったのが、

技術におぼれる

技術バカ

という言葉。なんでもかんでも技術が

出来る自分に酔ってるというか

自己満足型介助の典型ですね。

廃用症候群に向かってまっしぐらなんで

こういった方が技術を学ぶことは恐怖でもあります。

自施設で見つけたら末梢ですが(笑)

でも、こういった技術を学ぶ際はやはり、

どういった方に有効でどういった場合は危険であることを

同時に学び、その理由をきちんと知っておかないと

エライ事になりますね。

その重要性を再認識した講義でありました。

その後は、例のごとく懇親会というなの呑み会ですが(笑)

この時に会の話がよく出てきます。

こういった話が前向きであることが救いでもあります。

これが単なる愚痴大会なら・・・

お酒がまずくなるのです。

しかし、

関係ないが、

未だに横浜中華街とかいったことがない。

この間食べたラーメン、関西とかにはあんましない感じだったけど

おいしかったなぁ。

でも、刺身やお肉でここがうまい!!ってとこはあるのかな?

お酒もしかり。

学びとお酒。

私の中でのバランスは非常に重要です(笑)

また話が脱線してますが、

次回はおむつについての事、施設の見える化についてですね。

これもまた現場必見のものとなるでしょうか?

こうご期待を。

追伸:来月は大改革の月にする・・・

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

言葉遣いとそれぞれの関係 - 2011.04.16 Sat

ここ最近、仕事柄もあってか言葉遣い、

利用者と職員の関係についてツイッター、ブログ、仕事、

頼まれた発表文(笑)などなど。

この話題を必ず話をしているような感じです。

というよりも、

ツイッターを例えにすれば、

その流れをみていると、ついつい口を挟んでしまう。

元気の子さんとのかかわりがあってから、この言葉遣いと、関係に

ついては特に意識をするようになったし、

自分の施設もこの方法へ変更した経緯もあってか、

出来ていない・・・とか、出来ない・・・とか

諸事情を考慮しても

何かを理由にそれをしないでおこうという感じが

見えてくる時は、

意見をしてしまっている・・・

だって、

ツイートの中で見ていても、

「言葉遣いは丁寧にしないといけないよね~」

「自分たちは出来ているんだけど他の人がねぇ・・・」

「丁寧語ばかりが言葉遣いじゃない」

って感じで、

他人のせいにするか、逃げるかな内容が多くて

だから出来ないだよ!!!って言ってやろうかと

思う事もしばしば(笑)

でも、そこは大人な私(笑)であるので

そこまでは言いません。ただ、理論は説明しますし、

実際のイメージしやすい事例も言います。

気づいてくれたらいいなぁ~って思いながら(笑)

家族・利用者・職員の関係については

ある発表文の依頼があって、

内容は大まかなもんであったので、

この関係性の重要性を明るく書いてみた。

事業所の上司からは絶賛だったらしい。

最近ちょっとひねくれ気味の私は、

絶賛だった=現場がそうでないなんて思ってしまったんですが・・・

これを機に変わる人がたった一人でもいたら

これってすごいことだと思うのですが、

それは逆に言う、

この程度で変わることは見込めない。

という事になってしますので、

そう考えると少しテンションが下がりますね。

といいつつ、

教えにいく現場はこれからが正念場を迎えるわけで

私の実践の場において、

この思いを「全力ー少し脱力」くらいで

ぶつけていこうかなと思います。

といいつつ、

爆弾付きの書面を

新規職員と在職職員宛てにすでに

送ってしまいました(笑)

月曜日、果たしてどういった処遇で

迎えられるのでしょうか? 楽しみでもあります。

友好的な関係を望む表情と雰囲気なのか、

それとも、

韓国の上にある国のように

オール敵視の中に飛び込む雰囲気なのか?

それは月曜日の楽しみにとっておきます。

どっちにしても、

10月に宣戦布告を唱えて、デイケアについては

8割以上を撃破しているので、

これからの立て直しに力が要ります。

すべては新規職員の素直さ次第ですね。

出来る事なら、やっぱり

歓迎ムードがいいなぁ・・・

だって

人間だもの(笑)私も。

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

希望の伝達人

Author:希望の伝達人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (2)
施設のこと (17)
自分の思い (19)
介護 (8)
新しい施設 (1)
新しい形 (5)
グループホーム (2)
講習のこと (1)
社長 (10)
介護論 (7)
元気論 (4)
老健改革編 (8)
人材育成 (4)
サザンパーク (1)
目的論 (2)
教育論 (4)
宣伝告知 (2)
コミュニティー論 (1)
デイ改善論 (1)
神戸 (1)
出先論 (1)
研修のこと (0)
環境 (5)
施設を見る (2)
職員業務 (3)

FC2カウンター

ランキングアップにご協力を

自己選択自己決定方式を知ってほしい方 よろしくお願いします

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
329位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


4人の世界DX

春風日記

きみきみのぼちぼちいこか~

TKGブログ (十日町介護グループBLOG)

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。