2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.01.29 Wed

みなさまおはようございます(^^)

久々にちょっと書いてみようと思いました。

ここのところ、毎日のように色々な施設を見ています。

様々な現場の職員。

経営者、責任者、その他(笑)

見ていて思うのは、福祉もしくは施設という閉鎖気味の

環境の中で目的無く仕事をしていると

目の前の今が当たり前になり、

本来の今が見えなくなる。


普段の生活の中ではニコッと出来るのに

職場に入ると作るようにしか笑えなくなる



もちろん、あくまで例えば・・・の話です。

こういう書き方をすると、

「そんなの主観的な見方」

「一部を見てそんな決めつけないで」

と言われると思うので先に書いときます(笑)

あくまで、自分が見てきた中での個人的な感想です。

と言い訳はこれくらいにして。。。

働く人と雇う人。

この両人の関係って面白いものです。

介護業界は2000年のスタート時から5年くらいまでは

一人の求人枠に20人くらいが殺到する業界でした。

(奈良の一部だけかも)

そんな環境下で私もこの福祉の仕事に足を踏み入れた

ので、最初の採用はフルタイムのパート雇用(笑)

まして入居もしくは利用者の8割くらいが女性という

施設が多くて、女性の採用枠は多かったように思います。

これはハロー〇ークの求人欄に補足で書かれているので

仕方ないのですが。

そんな時代から約10年が経ち、

ふたを開けてみたら、求人は相変わらず殺到しているけど

働く側がなかなかやってこない。

新規オープンっていえば殺到したスタッフさんすら

現状は集まりにくい地域もある現状。

なんでこうなったんでしょう・・・

給与基準も昔からそうそう変わってないのに。

自分の勝手な思い込みで書かせて頂くと、

施設そのものに魅力がないのかも知れませんね。

飲食のお店と一緒にするな!!って言われる方も

あると思いますが、果たしてどうでしょうか?


利用者、入居者を獲得するという点では同じ。

事業であることも同じ。

サービスを提供するという点でも同じ。

ジャンルがあるというのも同じ。


こうやって書き出してみると、

案外重なるやん~って思います(笑)

つまり、、、

施設で何が足りないのかってことなんですが、


またこの施設を紹介したい!

ここの職員さんなら安心だ!



みたいなものが明らかにか欠けているんですね。

もしくは、満たしていたとしても、

それが外に伝わっていない。

だから、施設という言葉においては

「何かある人が行く場所」

の考え方が外れないのでしょう。


そんな中でもし施設が職員に、利用者に魅力あるものを

提供していきたいと思うのなら、

まず、

また来たいと思うような施設環境(ハード)を!

接遇と専門性が満たされている人材を!


せめて揃えるべきですね。

そんなんは言わんでも分かってるんじゃい!!

って言わずに先ほどの条件で自分の施設を見てください。

施設の魅力と働くスタッフの状況を。

分かっているのなら改善できますから。

もし、改善できていないとしたら、

それって分かっていて改善していないという事になるんです。

そんな所に残念ながら人は集まりませんね。

自分がお客さんであっても行くことはないと思います。

だから思います。


ここで働きたいと思う施設は自らの施設をまず変える事!


それは一般的にいう変化ではなく、魅力ある施設とは何か?

どんな環境ならそこに住む方、利用者される方がそれぞれの

思い描く形で良くなっていく、希望が持てるようになるのか?

そういう場所にするために何をどうしていけばいいのか?



という事を皆で考えていかないと良くはならないのですね、きっと。


お店の人はよくアンケートを取りますね。

お客さんに。。。または従業員に。。。

お店ではそれを見て改善をしていくのですが(皆ではないけど)

しかし施設では従業員にアンケートをとってもなかなか

反映されない、もしくは書く側が色々な意味で警戒して

本心を書かない。だから問題がズレて改善されない。



こんな悪循環の所が多いように感じます。

だからもし施設の人材が不足しているのならば

やはり、施設における理念やビジョンが達成されているかと

同時にそこに働く方々が生き生きとする環境を

計画的にケアという仕事、考え方から見直すことです。

そうやって施設そのものがしっかりと改善され、

外部から見ても内部から見ても、魅力あるものになれば

人は集まりますから。

少なくなったとはいえど、働きたいと思う方はいるのです。

心ある介護職もしくはその原石の方も。

そんな方々が与えられた法人という組織の中で

思いを現実に、利用者さんに結果で、

その形を創り上げていくものだと思います。

自分がもしチャンスを頂けるとしたら

そんな環境を創っていきたいなぁと

少ない脳みその中で夢を見ております。


そんな思いを2月22日(土)に長野県長野市にある

信州プロレスアリーナにて叫んできます(笑)

どんなものかはご興味ある方は、私のFBか、

このホームページで確認を(^^)

http://happyspotclub.org/

きっと今までにないものが体感できると思います。

ついでに、

2月11日(火)は13時から、大阪のマイドームおおさかと

言う場所でシルバー総合研究所総会があり

その講義で認知症についてがあります。

http://www.silver-soken.com/seminar/sonota/

2月15日(土)は愛知県江南市にて

希望が生まれる介護セミナーin愛知も開催。

ご興味ある方は問い合わせくださいね!

よろしくお願いします~


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ムーブメント - 2013.10.21 Mon

みなさまこんばんは

さて、久々の更新です。

この間にいろいろとありましたが、

一つの動きのようなものがゆっくりと進みだしている。

そんな気がしています。

それは自分が一人でどうするものではなくて

色々な人の思い、考えが形になっていく・・・

そんなパワーを感じるんですね。

希望が生まれる介護セミナーも昨日で3回目を

終えました。

一度開催するたびに、反応も自分らも変わっていく。

より良いものを、より分かりやすいものを考えて

開催を考えてくださる方々も現れ、

本当にうれしい限りです。

とはいえ、

まだまだ形としては不完全でもっと良く出来るのだと

思います。

本当に現場が、現場で働く人の意識や考えに

一石を投じるくらいの伝達力をもって

発信してきたいと思います。

自分も人の好意に、人の良さに甘えている事が多く

それが原因で関係を悪化させている事もあり

でもなかなかこなせない自分もいて

つらい時期ではありますが、

一つ一つ解決していくしかないのだと思い

毎日を頑張るのみです。

このたった数時間の中でそれを済ませて

また明日の仕事に頑張ります。

短いながら思いをまとめて

今日を終わります。

以上(^^)

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

業務予定をたてる意味(続き) - 2013.09.29 Sun

みなさまこんばんは。

前回の続きです(笑)

といってもしばらく開いたせいですっかりと

頭の中が整理されてしまってその時の内容を

いまいち思い出せないような・・・

という事をご理解してください。

いくつかの方法があるというところからです。

この業務予定をたてる時、多いのがやはり

週刊での役割決めですね。

リーダー、サブリーダー、レク担当・・・みたいな(笑)

これってモチベーションが上がるものかと言えば

どっちかっていうと下がりません?

だって、

リーダー=嫌な役割、面倒な役割をする

レク担当=昼から如何に盛り上がるように配慮するか

みたいにプレッシャー満載、失敗したらどうしよう(泣)

だと思うんです。

当然、やりたくないんですよね。。。

だってやりたい役割なら自らがすすんでするんです。

やりたくないから、

「あー今日リーダーや・・・」

「リーダー業務忙しいから、あれこれ言わないで」

「レクかぁ・・・何しようかなぁ」

特に最初の今日リーダーか?は

嬉しそうに言ってる姿を殆ど見かけません。

必ずといっていいくらいに、

「めんどくさいなぁ~」って

表情です。不思議と(笑)

だからそもそも無くて済むものならない方が

モチベーションを下げずに済みます。

ここで重要なのが予定の立てる日、時間です。

そして人(^^) 

職員ボードという一日の職員の業務中の動きを

見える化する際にはこれを使うのですけど、

その時、

①当日の予定は前日に組むこと

②組むのは出来たら全員が組めることが目標(正・パ、関係なし)

③見える場所(利用者さんにも)に設置する

この3点が重要です。

①の理由は客観的、かつ変な駆け引きがない状態で作成をする

 当日に組むと、その地点で考える無駄な時間が発生。

 なおかつ自分ら(組んでいる本人及び仲のいい職員)に

 優位な組み方をする可能性が高い、つまり不公平が出る確率が高い。

②業務の流れ、しんどさ、レベルを知っていないと組めないから

③職員が確認するにはその方が効率がいい、利用者の反応が見れて

 仕事、接し方について分かる場合がある。

とまぁ、ざっと書いてみましたが・・・

そもそも職員ボードってなんやねん??となるんですよね(笑)

それを知りたい方は・・・・

メールかコメントください!

お待ちしております。



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

業務予定をたてる意味 - 2013.09.18 Wed

みなさまおはようございます。

本日は4時過ぎに目が覚めて、色々と考えていると

寝れなくなってしまい・・・頭の整理を(笑)


施設の中で業務というものは必ずついてくるものです。

良いケアがしたい!やりたい介護がしたい!と

掲げる人だって業務は併せ持つように存在します。

この業務が優先されて先に書いた2点ができないと

いうのは論外ではあるのですが、、、


この業務、、、

人によって差があって、場合によっては

職員間の人間関係すら悪化しかねないくらいに

影響を及ぼすものでもありますね。

だから、出来る事ならみんなこう思うのです。


「効率よく」

「無駄なく」

「余計な事はしたくない」



この3点をクリアして是非とも目指すケアの形を

実践してほしいと願うのは、施設経営者、職員よりもきっと

そこにいる利用者さんだと思います。


そうやって空いた時間をどう使うか?

ここに次のサービスへの展開が期待されるんです。


施設の方も職員さんもきっとそう思ってくれていると

信じたいものですね。

間違っても、早く終わって

10分くらい空き時間が出来たからと言って


「ちょっと一服してこよ!」

「コーヒータ~イム!」



てこと、ないですよね(笑)

そう信じて話をすすめます。


業務を効率よく、無駄なく、余計な事をせずに

するには、そのものの見直しも一つの方法ですが

今回はそっちはあえて書かずに

それをしている職員側から考えます。

実際に、

職員の立場で考えてみると意外と簡単なのです。

だって、

やることが決まっていて、時間もタイミングも決まっていて

居る場所などが明確であれば、

それ以上の考えは必要ないからです。

ケアではこの考え方には無理が生じる事もありますが

業務と言われるものに関しては

おおまか大丈夫なのかと思います。


新人教育の現場では、この業務をマニュアルを使って

教えていきますが、タイムテーブル等は

あくまでマニュアル扱いで今の業務にあって

いないことが殆どだと思います。

マニュアルを毎月程度でも更新している場合を除いては・・・

なので、

このタイムテーブルに注目をするわけです。

職員の決まっている業務が、

自分の一日の動きが役割、担当ではなくて、

やることがタイムテーブル上に記載されていて

なおかつ何処を主に見るかをその時間ごとに

記載されていて、仕事の時間の長さも記載されていたら

迷わず無駄なく、抜けもなく仕事が出来るのだと思います。

そうやって予定を立てておけば、

自分の時間も自分で確認して動けるわけですから、

そもそもお伺いをたてなきゃいけないような重大な内容等を

除けばそもそも自分で見て動けるわけですね。

それは同時に対人におけるストレスの減少にも

つながります。

指示を待たなくてもいいので(笑)

ただし、これには条件があります。


自分の動きそのものが表記されている通りに動いてくれないと

すべてがパーになるのです(笑)




よって自分の予定を見て動くという事だけは

守ってくれるモラルが必要です。


しかし、それすらもしなかったとしたら・・・

この仕事そのものの見直しを考えることに

つながるんでしょうね。

だって、

目の前に書かれている自分の予定を無視する、

勝手に変更するなんて事は、ただのわがまま気ままであって

とてもじゃないけど介護では良く出てくる

「チーム」というキーワードなんて、

クソくらえ!と言っているのと同じですから。

そういうイレギュラーは無しよという前提での話です。


そしてこの職員の予定表を記載、作成するにあたり

更にいくつかの方法があるわけですが。

これは次回のブログに続けて書いていきます。

楽しみにしてくださる方はお楽しみに(^^)


(今日の考えること)

自分の予定は何らかの形で見える化されている方が

お互いにイライラしなくて楽かも(笑)



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村



無言で立ち去ること - 2013.09.07 Sat

みなさまこんばんは。

というよりおはようございます(^^)

ちょっと前にある施設で事業が終わった後に

集まって話し合いをしていた時。

私は第三者となるのですが、

そういう中で見ていると

職員さんの感情というのはやはり

動きやしぐさ、その対応に出るものだなと

思いながら見ていました。

何が言いたいかというと、

施設で取り組みをしていく中で

やっかいなのは、取り組みそのものや

利用者さんとかではなくて、

職員さんそのものだったりします。

特に利用者さんの方が改善されてくると

その酷さはどんどん目立ってきます。

もともと適当に時間つぶし的な事を

してきた方というのは、

その変化に伴って如何にこれまで

大して忙しくもない事を忙しそうに

見せていたそのメッキが剥がれてくるのですね。

ものの見事です(笑)

ので、会議の空気は当然ながら何度となく

沈黙が続く・・・決まった人しかものを言わない。

出てくる意見にポジティブなものが殆どない。

特に何も言わずにトイレにいったり、

飲み物を買いにいったり・・・(+_+)

施設の会議などでこんな傾向が見られたら、

職員間もしくは改善に対する取り組みに

何らかの支障が出るサインだと思って

早急に対処することをお勧めします。

ちなみにその方法は、


① 辞めてもいいよと言わんばかりに注意事項を言い切る

② 定期的な課題の中に、手の届かないところをかくような
  
  ピンポイントの爆弾課題を仕掛けていく



ちょっと過激な内容かも知れませんが、現実論でいえば

結局こういう内容の事を言葉を変えて、

態度に出していう事になるのが殆どですので、

あえて①、②はオープン仕様で(笑)

カモフラージュをかけるのならば、

それは本人の素直度、言ってから行動するまでの時間を

見て、考えていけば無難だと思います。

カモフラージュも体力と精神力を要するので、

無駄に時間と労力を使ってほしくないのです。

しかし・・・

無言ハナゴンで会議を離れて自分の仕事に戻るってのも

なかなか出来たもんじゃない(笑)

違う意味で認めてしまう今日この頃でありました。

今日の話はまとまりがないです。。。

すみませんm(__)m



にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:希望の伝達人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (2)
施設のこと (17)
自分の思い (19)
介護 (8)
新しい施設 (1)
新しい形 (5)
グループホーム (2)
講習のこと (1)
社長 (10)
介護論 (7)
元気論 (4)
老健改革編 (8)
人材育成 (4)
サザンパーク (1)
目的論 (2)
教育論 (4)
宣伝告知 (2)
コミュニティー論 (1)
デイ改善論 (1)
神戸 (1)
出先論 (1)
研修のこと (0)
環境 (5)
施設を見る (2)
職員業務 (3)

FC2カウンター

ランキングアップにご協力を

自己選択自己決定方式を知ってほしい方 よろしくお願いします

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
522位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


4人の世界DX

春風日記

きみきみのぼちぼちいこか~

TKGブログ

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。